読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

12月のハッピーナンバー7発表!

NEWS&お知らせ

デザフェスもあってちょっと忙しかったので、ブログまで手が回らず。

…と言ったらちょっとウソになるくらいの、それなりの忙しさでした!

 

 

f:id:rainbow_hamada:20161203224808p:plain

 

というワケでナンバーは、

1、7、13、20、21、29、30 です。

 

…ところでコレってブログで発表する必要あるんですかね?

ホームページに入れば毎月更新されているのが見られるし…。

 

あと、某大型スーパーのクジの名前と完全にかぶってるんですよね!!

あとから気づいたのだけど、時すでにお寿司。

いや、こっちは最後に「7(セブン)」が付くから完全にはかぶってないか…。

と思ったら「セブン」っていうのがまた紛らわしい部分で……。

 

まあ、いいか。

 

 

下の画像を作ってから気づいたんですけど、「長寿のお祝い」もキャンペーンの対象です。画像の中に長寿の似顔絵が入ってませんでした。

 

f:id:rainbow_hamada:20161203225446j:plain

 

 

 

というワケで、キャンペーンの詳細やご注文は

コチラ⇒誕生日プレゼント似顔絵を手描き制作。送料無料|にがおえレインボー

「アートイベント デザインフェスタvol.44」出展のお知らせ(決定版)

NEWS&お知らせ

「アートイベント デザインフェスタvol.44」の詳細をお知らせします。

もう2日後に迫っててお知らせもナニもあったもんじゃないですが、一応…。

 

会場東京ビッグサイト西ホール

場所Bー45 ←我々のブースの場所です。

日時11月27日(日) ※デザフェス自体は26日から2日間開催。

描く人Sai

 

内容:

その場でササッとお客様のお顔を描きます。

描き方は「似顔絵タイプ」と「キャラクタータイプ」の2種類。

サイズはA5(ハガキ2枚分)のみとなります。

また、基本的には1枚に複数人はお描きできません(1枚に最大1人)。

 

f:id:rainbow_hamada:20161125141547j:plain

 

↑似顔絵タイプ

10分~15分ほどでお描きします。

サイズこそ小さいですが、現場で描いていた頃と変わらないクオリティー!

Saiファンはお見逃しなく!

 

 

f:id:rainbow_hamada:20161125141548j:plain

 

↑キャラクタータイプ

所要時間は同じく10分~15分程度。

こちらは全身でお描きします。

自分がマスコットキャラクターとして描かれたら?がコンセプトです。

そのとき着ている服装がデフォルメされるだけでも楽しいと思いますよ!

 

どちらもカラーと白黒(所要時間は5分~10分)の2パターンをご用意。

価格は

白黒:500円 カラー:1000円

 

 

ブースはそんなに広くないので、今回僕(浜田)は黒子役です。

当日来てくれたお客様には「にがおえレインボー」の通販で使えるお得な特典もあります。たぶんそのへんの宣伝とサポートに専念すると思います('◇')ゞ

 

 

 

デザインフェスタについて、詳しくは公式サイトから↓

designfesta.com

 

 

 

浜田智史の自由なイラスト(2)/勇者ヨシヒコ

自由なイラスト 浜田智史の作品

インスタにも投稿しましたが、こんなものを描いてみました。

ちなみにインスタをはじめて1週間くらいですが、なんとなくアイデアとか浮かんできました。

今後は、フォロワーになると得するようなキャンペーンとかやりたいなと思ったり思わなかったり。

 

フォロワーになってくれる人が増えたらやりたい。

というか増えないとやれない(笑)

 

 

f:id:rainbow_hamada:20161119135551j:plain

 

そんなワケで、今回のイラストは現在放送中の「勇者ヨシヒコと導かれし七人」より、勇者ヨシヒコと仲間たちです。

知らない人のためにザックリ説明すると、テレビ東京の金曜深夜にやっているドラマです。主演は山田孝之。シリーズも今作で第3弾。

キャッチコピーは「予算の少ない冒険活劇」。

 

絵を見ても分かるように、あの「ドラゴンクエスト」っぽい感じの冒険ドラマで、スライムを始め、おなじみのモンスターも多数登場します(ただし、低予算のためハリボテ感がすごい)。

 

このドラマはとにかくユルいです。ふざけてます。ふざけ倒してます。

だがそれこそが本作の魅力。

いい大人たちが本気でふざけているのを見ると感動すら覚えます。

 

第3弾ともなると人気も安定し予算が増えたのか、とにかくゲスト陣が豪華すぎる。

本当に低予算なのかちょっと疑わしくなっているけど、面白さはパワーアップしています。

頭をカラッポにして笑いたい人にオススメします。

 

で、ドラクエといえば鳥山明先生。

というワケで、いつか描きたいなあと思っていた「勇者ヨシヒコ鳥山風」を描いてしまいました。

 

しかし、仕事以外に絵を描くとどうも集中力が続かない…。