読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変なおくさん エピソード4

エッセイ 自由なイラスト 浜田智史の作品

f:id:rainbow_hamada:20170214165447j:plain

 

 

★今回から4コマ漫画で描きつつ、細かい部分を文章化しようと思います。

 

 

 

まあ、上の漫画の通りなのだが、彼女は人のオナラを嗅ぐのである。

理由は分からない。

そして僕はというと、知る人ぞ知るオナラマスター。

オナラを愛し、オナラに愛された男である。

 

そういう意味では需要と供給が満たされた良い夫婦関係かもしれない。

…いやいや、僕はなにもオナラを、ましてや悪臭を供給しているわけではない!

出ちゃうものは出ちゃう。

 

しかも最近(…かどうかは不明だが…昔から?)、これが妙にクサイ。

基本的に自分のオナラの臭いというものは、そこまで「クサイッ!!」と感じないものである。

いや、別にそれに関して知り合いなどにインタビューしたことはないが、たぶんそうなのだ。フグが自分の毒で死なないのと一緒である。たぶんそうなのだ。

 

ところが、ここ最近は自分のオナラがちょっと自分でも不快感で堪らなくなるくらいクサイ(…ときがたまにある。たまにね!)。

「こ、この臭いって……もう出ちゃってるんじゃない?」と自分でも疑うくらいにはクサイ。あまりの予想以上の臭さに、ヒザから崩れ落ちそうになるくらいにはクサイ。

わりと離れたところにある空気清浄機の臭いセンサーが、放屁後わずか1秒でパワー全開で働きだすくらいにはクサイ。なんなら、放屁と同時にセンサーが感知するくらいにはクサイ。

 

ここで誤解のないように言っておきたいのは、僕だってオナラが臭ければそれなりに恥ずかしい気持ちにはなるのだ。

確かに、家にいるときはオナラキングの名に恥じぬテクニックとパフォーマンスを如何なく発揮してはいるが、僕としてはどちらかというとそのサウンドを楽しんでほしいのであって、臭いに関してのレビューはいらないのである。

 

ところが彼女はいつしか、サウンドよりも臭いに関心を持つようになってしまった!

 

しかもその品評会の場は、あろうことか「こたつ」である!

これにはオナラプロフェッサーこと僕もさすがに面食らってしまった。

この業界の「にぎりっ屁から」という常識をいともたやすく乗り越えてしまった。いきなり黒帯である。

 

さらに恐ろしいことにコタツから顔を出し、手でバツのポーズ。

「バツ?臭いってこと…?」

「あんまり臭いしない」

 

別の日には、満面の笑みでマルのポーズ。

「それはつまり…」

「超~くせえぇぇぇぇ!!おっぷッ!うひょ~~ッ!!くせえ~!!」

と何度もコタツに顔を突っ込む始末。

 

この屈辱と恥ずかしさ。お分かりいただけるだろうか?

オナラの臭いを精査されるということは、自分の体内が丸見えにも等しい。

「プッ」や「ブオッ」や「プスー」というサウンドに命を懸けている我々オナラマイスターにとっては許しがたい行為である。

 

ちなみに子供の頃「ブォむぅーーん」という摩訶不思議なオナラを出せたレジェンド体験を僕は今も忘れない。

 

…このコーナーの趣旨と変わってきそうなので、そろそろ筆を置きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浜田智史のお客様似顔絵(12)/退職祝い、還暦、金婚式

ギャラリー 卒業・退職似顔絵 長寿のお祝い似顔絵 記念日似顔絵 浜田智史の作品

季節柄、最近のご注文で多いのが退職お祝い系の似顔絵ですね。

お子様からご両親へ、または会社のみなさんからのお祝いの品としてなど、多くのお客様からご依頼をいただいてます。

 

職種も、建設関係、病院の先生、営業マン、消防士、自動車会社etc...様々です。

そのたびにそのお仕事のユニフォームとかビルとかロゴマークとか描いてます(笑)

 

 

f:id:rainbow_hamada:20170208131815j:plain

 

1枚目は、A3サイズの退職祝い似顔絵です。

「山や川に囲まれて生活している両親なので背景は自然なイメージが希望」ということで、このような背景に仕上げました。

ちなみにフレームはブラウンをお買い上げいただき、合わせてみたところ、なかなか絵とマッチしてとてもいい感じになりました!

 

 

f:id:rainbow_hamada:20170108013956j:plain

 

2枚目は還暦お祝い+お孫さん大集合です。

大人数のときは是非、人物配置まで指定していただくと、こちらとしても助かります。

お写真だけではそれぞれの関係性まで分からないので(誰と誰が兄弟とか)、写真添付の際に教えていただければ、よりクオリティーの高い作品に仕上がります!

 

 

f:id:rainbow_hamada:20161103232545j:plain

 

3枚目は金婚式+ファミリー大集合です。

大人数を描く場合、それぞれのポージングというか役割というか、そのへんにいつも悩みます。

全員が全員ピースとかしてもなんだかなあとか思っちゃいますし。

一応、自分なりに全員に何かしらの役割を持たせて描くようにはしています。

 

 

f:id:rainbow_hamada:20170208131814j:plain

 

最後は、こちらもご両親へのプレゼントで還暦お祝いの似顔絵です。

白いポロシャツというのは、お客様からのリクエストです。

そして今回悩んだのが文字の書き方です。

習字っぽく書くと渋いかなあ、といってガッツリとレタリングみたいにしちゃうとポップかなあ、とかいろいろと考えました。

結果、背景も含め、かなりシンプルにまとめちゃいました。

 

 

 

ご注文状況により納期までの日数が長くなる可能性があります。

先着順に制作しておりますので、お早目にどうぞ!

詳しくは…

studio-rainbow.com

Saiの「日常のヒトコマ」総集編(1)

エッセイ 自由なイラスト 日常のヒトコマ Saiの作品

Twitterで連載中のSaiによる1コマ漫画。

手帳にイソイソと描いていたので「どうせならTwitterにでも載せたら?」と提案し、現在更新中。

2~3日に1回くらいの頻度で上げる予定だけど、さてどうなることやら…?

 

とりあえず、ブログの方でもある程度まとめたものを(例によって)僕の解説つきで上げていこうと思います。

 

では、いってみよう!

 

f:id:rainbow_hamada:20170209192017j:plain

【2016年12/21~25までの出来事】
24日は池袋に行きました。
久しぶりのサンシャイン水族館楽しかったです!
今回カワウソは遅い時間に行ったから見れなかったけど、今度は早い時間に行った時に見たいなぁ(´`*

 

★漫画というかラクガキの第1回。

本当はカワウソを見たかったのに、そっちのゾーンはもう閉まっていた…!!

本人は意外と「また来ればいいんじゃない?」くらいに言ってたけど、実は僕の方が動揺していた。

カワウソ見たい…。

 

 

f:id:rainbow_hamada:20170209192018j:plain

【2016年12/26~31までの出来事】
2016年最後の日の出来事です。
買い物へ行くため、旦那はランニング、私はチャリで追走をしていたときの様子です。
太陽を浴びるとみるみる体力を削られていく私……ドラキュラかよ(・ω・

 

 ★歩くと15~20分くらいのところを何となく思い付きで走ってみた。

彼女はこの漫画の通り「うひゃひゃひゃ!!」的なテンションで自転車に乗っていた。

一体ナニが彼女をそうさせるのか!?ナゾである。

ちなみにこれは大晦日で、そのあと年明けの夜中1時から4時くらいまで(特に目的もなく)ひたすら練り歩くという暴挙に出た二人。

 

「オレたち、たぶん2017年始まって以来、最も無駄な時間の使い方をしてる夫婦だよな…」

という会話をしたことを覚えている。

 

 

f:id:rainbow_hamada:20170209192020j:plain

2017.1.7.の出来事。
近くの神社に行ったら奇跡のフォルムをした男の子に遭遇。
夫婦でメロメロになりながら手を振ったり、転びそうになっているところを見てハラハラしたりと、たくさん遊んでもらいました。
話しかけるとニコッとする、とても愛想の良い子でした(´`*

 

★最近はある種の強迫観念じみた思いで「散歩しなければ…」と1~2時間歩く。

一体ナニが僕をそうさせるのか!?ナゾ…でもなんでもなく答えはひとつ。

どんどん体重が増えてるからに他ならない…!

そんなときに出会ったプリティボーイ。

やたら僕のことをジッと見てたけど、僕はくまの〇ーさんじゃないよ。

 

 

f:id:rainbow_hamada:20170209192019j:plain

 ペンタブでホームページの画像を作ったり、イラストを描いたりする時、冬は氷の上で描いてるんじゃないかってくらい冷たいです。
なので、手を守るように何個か防御策を練ってきましたが、遂に!袖を作るという結論に達し、作っちゃいました……
旦那には「何かの装備みたい、強そう」と言われました

 

★彼女は裁縫が得意だ。ついこの前も「横寝枕」なるものをサクッと作っていた。

「横寝枕」などという日本語があるのかどうかは知らないが、コタツで寝るときに横になった状態で頭を支えるのに最適な形をした枕…らしい。

今回のペンタブ用の袖は、袖というより右腕がサイボーグみたいになる珍妙なシロモノで、僕からすると「そんな形状にする必要があったのか?」と言いたくなるが、言ったところでこれまた珍妙な理屈を返されるだけなので「装備みたいだな」とつぶやくしかなかったのであった。