超文~似顔絵描き・浜田智史のブログ~

2011年から似顔絵作家として活動開始。2016年より独立し、スタジオレインボーを立ち上げる。現在、似顔絵通販専門サイト「にがおえレインボー」を夫婦で運営中。

2019年の野望と希望と鼻毛ボウボウ

f:id:rainbow_hamada:20190127012720j:plain

(イラスト制作:Sai)

 

 

わりと鼻毛出てる方です。

どうも僕です。

 

まずはお知らせです。

産休&育休として10月から受付を停止していたSaiですが、2019年1月27日から再開します。

と言っても完全復帰ではないので、月に2~3枚程度しか受注出来ません。

よろしくお願いします。

 

ちなみに今まであまり表立って言ってこなかったんですが、僕らは夫婦です、はい。そうだったんですねー。

子どもも生まれたんで、これからは「夫婦で営んでますよー」的なね、アットホームっていうかね、そのへんをアピールしようかなと。

「にがおえレインボー」独自の特色ってなんだろうって考えたときに、とりあえずそのへんのバックグラウンドが思い当たったんで、まあちょっと使っていこうかと。

 

というのも!

なんか僕らの知らないうちに、いつの間にか世は「大似顔絵通販時代」に突入しちゃったみたいですね。

「似顔絵王に、俺はなるッ!(ドン!)」みたいな人がいっぱいいるんでしょうか。ちょっと増えすぎです。

 

元々3年ほど前に「似顔絵師を人として見ていない事務所」「往復4時間は当たり前の通勤」「しかも交通費のほとんど自己負担」「完全歩合という名の現場クジ引き」などなど、ブラックを通り越して「無」っていう感じの、とっても愉快なプロダクションに嫌気がさし、通販サイトを立ち上げました。

 

が、あれから3年…。

かつての仲間も次々と退社し独立…するのかと思いきや、他の会社、それも通販に力を入れている会社に次々と流れ込み、そこに最近はSNSやらなんとかアプリやらを使ったセミプロや、趣味の延長上で似顔絵を描く主婦なども参戦。

最近は、ちょっと見ない間に「また新しい似顔絵通販サイトが出来てる!」てな具合です。

 

まあ業界全体が盛り上がるのは良いことですけどね。

「その程度の描き込みで1人1万円もとるの!?」みたいな業者が(最近さらに)目立つようになってきたかなあと言う感じはあります。

あと、絵の描き方とか構成とかを見ればだいたい分かるのが「対面式で生でお客さんを相手にして描いた経験があるか、ないか?」

この経験がないとね、本当に独りよがりだし、悪い意味で「楽しんで描いてる感じ」が出ちゃってるんですよね。

「これが1万円かあ」って複雑な気持ちになります。

 

まあこんなブログに書いたところで世間様には伝わらないですけども。

 

さて、2019年はマジで色々やります。

4月を目途に大改革します!

 

それではまた!

 

 

▼似顔絵のご注文はこちら

studio-rainbow.com